沿革

昭和34年(1959年) 第一商事・貿易部門が独立し神洋交易株式会社を設立
同年、東京支店を開設
昭和39年(1964年) グアム島内にて、日本製パナソニック家電商品の卸業を始める
昭和61年(1986年) 9月より円高が進行し、海外商品の取扱い調査を開始
グアム島におけるパナソニック製品の卸業を中止
昭和62年(1987年) 韓国製品の南洋諸島向け三国間貿易を開始
昭和63年(1988年) 韓国製品の三国間貿易促進の為、ソウル営業所を開設
同年、タイ・インドネシアにおいて、現地代理店を設立
平成元年(1989年) タイ生産の魚缶詰の南洋諸島向け三国間貿易を開始
同年、北海道市場を輸入品販売のメインターゲットとして札幌営業所を開設
平成2年(1990年) 札幌を拠点にインドネシア製ラタン家具の輸入、国内販売を開始
平成3年(1991年) 韓国アウトドア・レジャー商品の輸入、国内販売を開始
平成7年(1995年) 阪神淡路大震災
平成9年(1997年) バブル経済崩壊の影響を受け、札幌営業所を閉鎖
業務を輸出・三国間貿易に集中
平成10年(1998年) インドネシア・フィリピンよりパルプ製品の南洋諸島への三国間貿易を開始
平成11年(1999年) 中国・香港製品の南洋諸島への三国間貿易を開始
平成17年(2005年) 東京支店を閉鎖、神戸本社に営業・業務を集中
平成24年(2012年) 太平洋諸島関連のODA事業に正式参入

 

 

Copyright © 2020 神洋交易 All Rights Reserved.